<< 菜の花 節分 >>

映画鑑賞

2007.02.03(土)晴れ

以前から見たいと思っていた映画を見ました。
武士の一分
f0100508_1283557.jpg
タイトルからして、凄く緊迫感のある映画を想像していたけど 前半の夫婦の会話、
使用人の徳平と 主人公
新ノ丞とのやり取りがなんともいえずほほえましく、
ストーリーも分かりやすい、
後半の男として夫としてどうしても許せない「一分」をかけた壮絶な戦いには思わず息を呑みました。
盲目になった後の木村拓也の演技も殺陣もお見事、
新人、壇れいさんの妻も初々しく、特に徳平役の役者さんの演技がすばらしく、見終わって 後味が非常に良い楽しめた映画でした。

武士の一分とは武士の面目、面子
[PR]
by suzu62 | 2007-02-04 01:36 | 雑記
<< 菜の花 節分 >>